精神病の中で発症しやすいうつ病の悩みは専門医に相談

男性

保険適用で治療ができます

カウンセリング

自立支援も受けられる

精神的な不調で悩む人は多いですが、中でもうつ病は代表的となっています。その症状は抑うつ気分が続く、意欲が低下してさらに不安やあせり、自分を責めるなどの精神的なものもあれば、睡眠障害、食欲の低下、疲労感や息苦しさなど体にも症状が出ることもあります。初期のうちは本人も周囲も気づいていないことも多いですが、悪化するとさらに強い症状が出てしまう可能性もありますし、回復に時間がかかる可能性もあります。どんな病気も早期発見、早期治療を行うことが大事ですので精神面や身体の不調が長く続いている場合は一度医療機関で診察を受けてみることもおすすめです。うつ病の治療は精神科や心療内科で行われており、比較的短期間に改善する人もあれば、回復まで長期の時間が必要という人もあり、回復には個人差もあります。それゆえ、長く治療を行うとなると治療費がいくらぐらいになるのか気になる人もあるのではないでしょうか。うつ病の治療は通院で薬物療法や心理療法で行われることもありますし、かなり悪化している場合は入院で治療を行うこともあります。基本的に保険適用できる治療ですので、窓口で支払う金額は3割負担となります。それゆえ、高額な医療費がかかる例は少ないと言えますが、働きながら治療を受けている人もあれば、休職や退職などで仕事を休んで治療を受けている人もあり、そのような場合は経済的な負担はできるだけ抑えたいところです。うつ病の治療をより安く抑える方法としては、自立支援医療制度を活用するという方法があります。こうした制度を利用すれば治療費の自己負担額は原則して1割となりますので、さらに費用を抑えて治療を続けることができます。そして世帯収入に応じて負担額には上限があります。それからこうした制度も対象となる疾患がある場合もすべての人が適用されるのではなく、医師が治療を長期継続する必要があると判断した場合に限られます。治療費を抑える工夫をすることはもちろん大切ですが、順調に回復するためにはそれぞれに合う治療を提供してもらうことが大事ですので、病院を選ぶ際も評判はよく調べておきましょう。うつ病の場合も症状には個人差があり、合う薬も違いますので、合わない治療が提供されてしまうと、回復に時間がかかってしまう可能性もあります。さらに医師との相性も大事ですので、威圧的ではないか、話をしっかり聞いてくれるかもよく確認しておきましょう。そして回復のためには根気よく治療を続けていくことも大切ですので、通いやすい病院を選びたいところです。